山尾氏はタレントのような印象

当選2回にもかかわらず民進党の政調会長に抜擢された直後に不祥事が発覚してしまった山尾しおり氏の記者会見を見たのですが、何故か劇団ひまわりやぶりっ子を思い出してしまいました。

子供の頃アニー役を演じたことがあるという話でしたが見れば見るほどそんな感じで思わず笑ってしまいましたが、幾分ハスキーな声質のせいか政治家というよりタレントに近い雰囲気を感じたし、それでひと昔前流行ったぶりっ子を思い出したのかもしれません。

なぜまた政治家を目指したのか不明ですが、学生の頃から政治お宅だったような感じ等が全くないので民主系のどこかの議員先生の目に留まり、おだてられたか騙されたとしか思えません。

ですから元検事の肩書はありますが政治資金の決まりごとに関しては先日逮捕された元幹部自衛官のT氏同様によく分からなかった部分もあるのではないでしょうか。

前職が検事ですからもし分かっていれば放置するわけはないと思いますし、秘書がやりましたのでよくわからないという話の信憑性は高いと思います。

ただその場合でも政治の世界では管理責任を問われるパターンが常ですから党の要職にそのまま留まるというのはどこかしら違和感を感じてしまいました。

まあそれはさておき。

Tさんが書いていた記事がなかなか面白いと思いました。

考えはひとそれぞれですね。