僕のこと結構好きでしょに対する返し

以前、たいして好きでもない男性(やや勘違いナルシスト)から、「○○さん、僕のこと結構好きでしょ」などと、唐突に言われたことがあります。おそらく、当時彼がハマっていたと思われる、ドラマの「花より男子」の松潤のセリフをなぞってみたとは思うのですが、もうはっきり言ってこれを言われた方が気を遣うレベルなものでした。

今ならば盛大にツッコミを入れているところなのですけれど、しかし当時はまだ若かったこともあって、面と向かっては正直に言えないところがあって、「あ、えーと…」などとドギマギしてしまっただけでしたね。しかし今思えば、盛大につっこんでおけばよかったなーと、ちょっと後悔していますね。

未だにこの時、どう返しておくのが正解だったのかはわかりませんけれど、しかしアラフォーに入る年齢なのに、その勘違いナルシストな彼は未だに彼は独身だと聞きます。ですから、やっぱりそこでちゃんとつっこんでおくべきだったのかと。そうでないから、おそらく私の他にも、彼の勘違いっぷりに迷惑している人が続いたと思うんですよね。実際にそのような話を聞いたことがありますし。

ただひとつ、彼への返しはさておき彼と付き合う方向に持って行かなかったことは、野生の勘的なものなのかも知れませんけれど、正解だったとは思っています。外見は自分でも自信を持っちゃうぐらいなものなのですけれど、いかんせん悪い意味で性格に危険な臭いがしていましたし、40歳手前で未婚なことも含めて、やっぱりやめておいて正解だったのだろうと思います。