良い税理士を選ぶためのポイント

会社を経営するには税務の知識は必須です。

会社が成長していく為には良い税理士を選ぶことが大切です。

中朝企業の経営者が顧問税理士を選ぼうと思ったら、どの様な点に注意をするべきなのでしょうか。

 

・レスが早いこと

 

こちらが税金に関する質問をしても、不在だったり折り返しの電話が中々来ないと、やるべきことが滞ってしまいます。

全て一人でこなしていて手が回らなかったり、電話に出たスタッフとの連絡ミスなどがある様ならば要注意です。

一度電話をかけてみてどの位でレスが来るのか、見積書を作成するのにどれ位日数がかかるのかなどをチェックしましょう。

 

・節税対策をしてくれるか

 

税理士の仕事は、正しく納税するサポートをすることにあります。

税務署側でも企業側でもない立場なので、特に節税については積極的にアドバイスしてくれる税理士は意外と少ないのです。

経験が豊富な税理士でも昔堅気のタイプの場合、納税対策をメインにサポートします。

一方、サービス業のサラリーマン的な考え方の税理士の場合、顧客満足度を追及する為に節税についてもしっかりとサポートしてくれます。

節税対策についても指導してくれる税理士を探したいと思ったら、最初の面談の際に自分の業界ではどの様な節税対策が考えられるのか質問してみましょう。

その場で具体的な回答ができれば、頼れる税理士と言えます。

 

・資金調達のノウハウがあること

 

中小企業では、経営状態がどう変わるか分かりません。

いつ資金調達が必要になるか分からず、その時になって慌てても遅いのです。

本来資金調達は税理士の仕事ではありませんので、最初から知識を持っている訳ではなく、経験を積んでノウハウを学んでいくのです。

税理士を選ぶ際には「うちの会社ならば、幾らくらい資金調達して貰えますか」と率直に訪ねてみましょう。

その際に金額と共に「公的融資・助成金の種類」「銀行との交渉方法」「融資を受けるタイミング」についてきちんと回答があれば、信頼できる税理士と言えます。

 

・態度を見決める

 

税理士は士業であり、先生と呼ばれる仕事です。

その為に傲慢な態度を取る税理士も多く、経営者が思ったことが言えずに税理士に言われるがままになってしまうことがあります。

言葉遣いが横柄だったり、専門的知識をひけらかしてわざと難しいことを言い、見下した態度を取る税理士は避けた方が良いでしょう。

また、効率化を理由に企業訪問をする回数が月に1回と決められていて、それ以上応じてくれない税理士もいます。

資料は全部会社側にありますので、必要な時に来てくれそうにない税理士はあまり力になってくれそうにないと思って良いでしょう。

 

 

まずは税理士と面談してみて、年齢にこだわらず気持ち良く話ができるかを確認しましょう。

恵比寿 税理士事務所が多くありますので、ネットで検索をして、自分の会社の業種を得意としている税理士を選ぶのがおすすめです。