50代の人たちが考えるフリーランスエンジニア

50代になると、もうこの会社には、そう長くはいられないかもしれない、そんな気持ちになってくるかもしれません。定年までいたいと思いますが、いろいろな事情で早期退職を促されるということもあります。会社の中に新しい風を入れたいということで、ベテランの中年層は去り、その代わりに新しい人たちが入ってくる、そんな光景が見られるかもしれません。

そのような場合、退職圧力を感じ始めると不安になるものです。いつこの会社を去っても、その次の仕事ができるようになんとかしたいと思うことでしょう。フリーランスのエンジニアになることを考えることができるかもしれません。これからは自分で仕事をし、その働いた分だけ収入を得る、そうしたスタイルにするのです。フリーランスとして稼げるめどが立つと、本業でもしリストラされても、それほど動揺せずに済みます。