フリーターからの就職

高校を卒業してから、ずっと就職せずにフリーターをしていました。最初の数年間はそれで良かったのですが、友人たちが、続々と大学を卒業して就職していく中で焦りを感じ始めていました。就職して正社員になるとお給料はどう変わるかということもわかっていましたがやはりフリーターのほうが気楽だったため、ずっとそのまま過ごしていました。

フリーターで働いていた企業から、正社員へのお誘いが何度かありましたが、自分の思う仕事ではなかった事と、給料やボーナスについても、その当時は高望みをしていたので、どこの企業のお誘いをも断ってしまっていました。今考えると、なんというもったいない事をしていたんだろうと思いますが、その当時は、フリーターの方がカッコいいような、自分に合っているような気がしていました。そして数年間、フリーターを続け、友人たちの充実した人生に比べてフリーターである自分の人生はどうしようもない未来のない物だと考えるようになりました。

友人たちからも説得を受け、やっと正社員での仕事を探す気になりましたが、その時はもうすでに遅く、リーマンショックの影響もあって不況の波が押し寄せていました。

それでも、フリーターや派遣で働きながら、自分に合うような職場、仕事内容などを中心に給料やボーナスは無視して正社員の職を手に入れようとしていましたが、年齢や経験の差もあり、あまり正社員として雇ってくれるような企業はありませんでした。あったとしても、誰にでもできる人手不足の重労働のいわゆるブラック企業のような所しかありませんでした。

それでも探し続けましたが、途中で派遣業から抜け出せなくなり(辞めさせてもらえなくなり)その間10年間を無駄にしてしまいました。その時は、それが当たり前でしたが、ちゃんと辞めないと次に進めないと思っていたので、いくら派遣業でも正式に辞める事ができるまで待ちました。当然有給やボーナスなど何もないような派遣業です。

派遣先の企業から正社員のお誘いもありましたが、派遣元に断られました。若い時にフリーターではなく、ちゃんと正社員として働いていればよかったと今は後悔しています。40歳になってやっと正社員の職に就く事ができました。それは完全歩合の所ですが、それでも正社員です。完全歩合制を除けばかなりのホワイト企業なので、助かっていますが、本当に若い頃に就職していればと後悔ばかりが頭をよぎります。フリーターの就職サイト