毎日を楽しく、健康に過ごす秘訣は…ブロリコ!

普段、なにげなく食べているブロッコリー、まさかそのブロッコリーにこんな力がひそんでいるなんて…考えたこともありませんでした。

ブロッコリーのすごさを知ったきっかけは、東京大学とイマジン・グローバル・ケア社が共同で特許を取得した新成分、ブロリコという存在を知ったから、でした。

免疫力を高めてくれるなんて。それってものすごいことですよね。

近年、加齢のせいなのか、どことなく不調が長続きしていたんですけど、ブロリコならばそれを解決してくれそうだなと大きな期待を抱かずにはいられません。

ちなみに、このブロリコという素晴らしい成分、ブロッコリーに含まれているとはいえ、わずかにしか含まれてはいないので…ただブロッコリーを食べるだけではダメなんだそうです。

つまり、特殊な製法で抽出したブロリコを摂ること、そこが重要なポイントなんですね。

ブロリコの免疫力を高めることは間違いなく健康につながります。アガリクスやフコイダンを超える免疫効果をもつブロリコを上手に取り入れて、毎日を楽しく過ごせる、健康な身体を手に入れたいと思いました。

あぁ独り身はとてもつらい

現在40を手前にして彼女がいません。果たして私の記憶の中で彼女がいたことがあったのでしょうか、そんなことすら忘れかかっているくらい、最後の彼女から時がたってしまっています。過去を振り返るのは少々怖いのですが大学時代よりいなくて、社会人になってからも色っぽい夜は何度かありましたが彼女と言う存在はいませんでした。

何か40前になると年齢と言うものも気にするようになり、独り身の切なさを感じ始めてしまいます。まわりの同級生や同僚はすでに家庭を築き、子供が学校に入学したり卒業したりといった次のステージに進んでいるようで何とも取り残された感じがするのです。

誰でもいいと思いつつも、実際誰でもよくない理想の高い私に彼女ができることがあるのでしょうか。ああ彼女がほしい、いい人が向こうから話しかけてくれないかなとありえない奇跡を信じる毎日です。

手作り模型の作品が4作目になりました

大人の科学で掃除ロボットの広告を何気なく見てアマゾンで取り寄せて作ったところ、プラモデルと同様に説明図を眺めながら意外と簡単にできることがわかりました。これをきっかけに暇なときは作ろうと思い始め、次に制作したのは同じ大人の科学で発売されていたテオヤンセンのミニビーストです。風車で不思議な動作をするおもちゃで苦戦しましたが、風を当てると見事に動いたので嬉しくなりました。

今度はプラモデルにしようと有名なタミヤで探したところ、フォークリフトが有線のリモコンで動くことに惹かれて購入しました。子供の頃からリモコンで動くおもちゃが好きでしたので童心に帰ったようです。

ハンドごてとハンダ、ニッパー、小物入れを購入して作り始めましたが久しぶりにランナーから部品を切り離す作業をしたので懐かしかったです。バリを丁寧に削り3日間ほどかかりましたが、リモコンに電池をいれたところ見事に動きました。次は無線のリモコンに使用と探したところ別メーカー品とタミヤを組み合わせると完成できそうでしたのでトライすることにしました。

2つの作品が来たので両方の説明書を眺めながらどのような組み合わせでできるか現物合わせで組みながらなんとか完成しました。虫型のロボットでしたが無線でコントロールすると妙な動きになったので笑いましたが無事完成したので充実感がありました。

次回は二足歩行ロボットにしようと思い探しているところです。

飛行機の中でまさかの出会い

私は二十代後半のものです。私は以前、運命の出会いをしました。仕事が忙しく、中々休みをとっていなかったので有給が大量に余っていました。上司からも有給をとるように言われていたので五連休をとり、東京にひとり旅をすることにしました。

その飛行機の中での出来事です。ひとり旅なのでもちろん飛行機も一人でした。誰が隣に座るかはもちろんわかりませんでしたが、景色が見たかったので窓側の席にしました。特に隣の席に興味はなかったのですが、若いイケメンの男性が座りました。そしたら、その男性が話しかけてきました。年齢とどこに行くのかと自分もひとり旅だと言っていました。

まさかの同じ歳で出身地も私の隣町でした。話していると高校も近く、共通の友達も多くてすごく話がはずみ、ノリで連絡先を交換しました。まさかの出会いでした。行き先は違ったのですが帰りの便も同じでした。後から聞いた話ですが帰りの便は合わせてくれたみたいです。この運命の出会いもあり、あの後も連絡をとるようになりました。私はその彼と現在交際をしています。今でもお互いに出会いの時の話をすると運命だよねと話しています。この出会いに感謝したいです。

住宅展示会には足繁く通っているけれど

もう数年前からですが、実家をどうしようか考えています。リフォームするべきか、壊して建てるべきか。それとも新しく土地を購入するところから始めるべきか悩んでいます。なので、ちょくちょく土地探しをしたり、モデルハウスに足を運んだりしています。

今日はチラシに出ていた住宅見学会に親を連れて行ってきました。実家ももう築20年以上ですから、最新の設備と比べると性能が全然違いますね。システムキッチンやユニットバスなど、いいなあと思ってしまいます。若い夫婦と小さい子供という家庭を想定された造りで、動線がコンパクトに納まっていて、いつでも子供が目に入るような設計でした。でも、親もなかなかピンとは来ないようです。元々ターゲット層とは違うから当たり前なんですけどね。案内の方とも結構話し込んでいたんですが、あまり乗り気ではなかったようです。

高い買い物ですから、事は慎重に進めたいと思っています。でも、家づくりや土地探しを始めてから大分経つので、ちょっと疲れてきたなと思っています。身近に詳しい人がいると、相談しやすいんですけどね。

歯のホワイトニングでいい印象を!

歯が白いと、とても人にいい印象を与えますよね。

歯を白く綺麗にしたい!と思ったら、ホワイトニングをする事をおすすめします。

ホワイトニングは、歯の表面だけをきれいにする歯のクリーニングとは違い、歯の内部からの汚れに対応していきます。

なので、とてもきれいに歯を白くしていくのです。

コーヒーや紅茶をよく飲む人、喫煙する人などは歯が変色してくるイメージがありますよね。コーヒーや紅茶は色が付いてるので、その色素が歯についたというのは分かります。喫煙も、ヤニが歯についてしまったんだと分かります。

しかし、歯の変色はそれだけじゃないんです!

加齢によっても、歯は変色するようです。なぜ、加齢によって歯が変色するかというと、歯の内部にある黄褐色の象牙質が年齢とともに色が濃くなりエナメル質を透過して黄ばんで見えてくるそうです。

歯を白く保つために気をつけていても、加齢での変色は避けるのは難しいですね。

歯医者さんで、気づいたときにしっかりとホワイトニングをしていれば、白い歯が保たれます。

しかし1回ホワイトニングをすれば、ずっと歯を白く保たれるという訳ではないので、3ヶ月~半年周期くらいでホワイトニングのメンテナンスをした方がいいようです。

メンテナンスさえしっかりしておけば、綺麗な白い歯をずっと保てて、人にもいい印象を与えることができますね。

自分自身も笑顔に自信が持てます!

人とのコミュニケーションを気持ちの良いものとする為にも、歯の日頃からのケアはホワイトニングも含め定期的にしていきましょう。

リネン素材の洋服を愛用中

リネン素材が好きです。

特に洋服は、リネンのワンピースばかり選んでしまいます。

シワになりやすいのが難点ではありますが、あの独特のザラッとした風合いがたまらないんですよね。

特に、キナリやベージュなどのナチュラルなカラーではなくブルーやグリーンなど鮮やかなカラーが好みなんです。

パキッとした色合いの洋服を着ると、ちょっとだけ垢抜けるような気がしています。

明るい色を身につけているだけで、気分も上がってくるのがいいですね。

つば広帽子やカーディガンなども、リネン素材のものばかり購入してしまいます。

でも全身リネンコーディネートにすると、ナチュラルすぎるというか、なんだかやりすぎ感が出てしまうんですよね。

すぐにヨレヨレ・しわしわになりやすいのも気になるところです。

全身のコーディネートの中でリネン素材のアイテムを使うのはひとつくらいにしておくと、バランスよく着られるのかな~と個人的には考えています。

とはいえ、コットン素材よりも味わいがあり、春夏秋冬通年着られるリネン素材は、やはり便利に使えるのでお気に入りです。

近所で火事がありました。火の元には要注意です!

夜の10時頃にお風呂に入っていると、消防車のサイレンが次々に鳴り響いているのに気が付きました。隣が道路なので通るたびにサイレンが響き渡り、既に5台以上は通り過ぎたのを数えており大変な火事なのだろうかと思い、そわそわして早目にお風呂から出たのです。

気になったのは近くでサイレンの音が消えることでした。もしやご近所かもと思い、玄関を開けたところ、目が届く範囲のエリアで煙が上がっているのを発見。風が吹いていたいたため、目に見えた煙は流れてきたもののようで、実際にはもう少し離れた場所が火元のようでした。

ヘリコプターも飛んでいて大変騒がしい状態で、さらに夜遅いのに人が騒ぎを聞きつけて歩いているような状態でした。火事になると人が集まると言うのは、本当ですね。ネットで情報が出ていないかと調べたのですが見つからず、その日は寝てしまったのですが、翌朝ニュース記事でやはりご近所で火事があったことが判明しました。買い物に行く際に通りがかる場所なので少し見てみましたが、アパートでの火災で上部がかなり燃えている様子でした。火元の方がはもちろん、両隣の家の方もかなり怖い思いをされたことかと思います。火事は本当に怖いです。火の元にはくれぐれも気をつけたいものですね。

B型肝炎に悩む人は弁護士に相談も

B型肝炎というのは、B型肝炎ウイルスによって発症する病気ですが、すぐに発症するものでなく長い潜伏期間があります。ですからB型肝炎であると気が付くのは、B型肝炎ウイルスをもらって10年先、20年先であることが多いです。

B型肝炎になってしまう原因としては母子感染や、輸血などがありますが、昔の病院での注射器の使いまわしなども挙げられます。今は医療機関でも注射器のまわし使いなどは行われていませんし、菌の感染がないように消毒は徹底されています。

ですが今の50代、60代、それ以前の年代の人は子供の時の予防接種などでB型肝炎に感染してしまったこともあり、多くが高齢になってからB型肝炎を発症しています。

B型肝炎も早くから診断を受けわかっていれば薬による治療で症状を軽減させることもできますが、進行が進んでしまっている状態であれば肝硬変、肝臓がんになってしまい命を落としてしまうこともあります。

B型肝炎の症状として疲れやすい、熱が下がらないといったことがありますが、多くの人がただの風邪だろうと見逃してしまうことや、治療費がかかるからということで正しい治療を受けないことで症状が悪化してしまうこともあるものです。

ですが費用に関しては、高額になる時は高額医療の制度が適用になりますし、治療内容によっては国に負担してもらうことができたり、また過去の注射器の使い回しや輸血が原因でB型肝炎になったのであれば、国や医療機関の責任として賠償請求をすることもできます。ですが裁判を起こし賠償金を勝ち取るにはそれなりの証拠や、国の責任など証明できるものが必要になってくるので、まずはB型肝炎訴訟に詳しい弁護士に相談に乗ってもらうというのも良いでしょう。

無料相談を設けている弁護士事務所もあるので、そういった無料相談を利用し、どのような流れになるのかを把握しましょう。弁護士によるB型肝炎の給付金額も異なる場合もあります。また裁判をするには周囲の協力が必要になることもあります。

特に昔の書類や証明をそろえるのは困難で、親戚の力や協力が必要になることもあります。ですから協力者も見つけておくと良いでしょう。国の責任を問うことで、B型肝炎にかかった悔しさを晴らすこともできるでしょう。

服に出来る厄介な毛玉 実はとても身近な物で取れちゃうんです

普段の生活で当たり前の様に行う洗濯ですが、洗濯後の服などを見てみたら毛玉だらけ!なんて経験が皆さんもあると思います。毛玉って触った感触もザラザラしちゃいますし、取るにしても中々取れないんですよね。かと言って力で無理やり取ろうとすると服の繊維までも一緒にとれてしまったりするのでとても厄介ですが、私はある方法で毛玉を綺麗に取り除く事が出来ています!

私が毛玉取りに使っているのは、普段の洗い物に使う食器用のスポンジです。このスポンジって裏の面がちょっと硬めのザラザラした面になっているじゃ無いですか!そのザラザラした面で毛玉のある服のなどを撫でる様に擦ると、毛玉が簡単に取れるんです!毛玉の上手な取り方って意外と知らない方が多いので、皆さんも毛玉に悩んだ際には試してみて下さいね。ただ、あまり強くこすりすぎてしまうとかえって衣類を傷付けてしまう為、気を付けて下さいね。衣類の毛玉取り用のスポンジを別に用意したりすると、とても便利に毛玉が除去出来ますよ!折角のお気に入りの洋服なども毛玉だらけでは台無しですので、普段着る服の毛玉のケアも私はとても大切な事だと思っています。