痛い思いをして学んだこと

たまに遊びに行く公園の駐車場の山際の斜面をふと登ってみようと思い気軽にチャレンジしてみたのですが、そこそこいけそうだとわかって安心したのが災いしてか斜面を降りる際に足がもつれて転倒し右肩を強打するわ、その反動でメガネは吹き飛ぶわ、おまけに転がりながらぶつかった拍子に駐車場の仕切りの腐りかけていた木製のポールまで折ってしまうという最近にない大失態を演じてしまったのですが、救いは誰にも見られていなかったことと、転んだ場所が辺り一面芝が敷き詰められていたということでしょうか。

ところがその後も足元がおぼつかず芝生からハミ出て盛り上がっていた木の根っこに左ひざを強打し一瞬皿が割れたのではないかと思うほどの激痛に顔をしかめたのでしたが、暫らくすると腫れも引き事なきを得たのでまだ悪運は残ってると思いました。

いくら遊びでも斜面を登るような時は安全を考えザイルを使用するという基本事項に痛い思いをしてようやく気がついた私が帰宅後早速ネットでザイルとして使えそうなロープを探しまわったのは言うまでもありません。ところがヒットするものはどれも高価なものばかりで、いかに安全性が重視されているのかがよくわかりました。

ニキビの悩みが解決したかもしれない話

ずっと、大人ニキビで悩んでいた私。

少し油断すると、口回りにニキビが出来て、

嫌で嫌で仕方がなかった。

良いと言われる洗顔フォームや、

良いと言われる化粧水など。

丁寧に、丁寧に手入れをするけれども。

それでも、少し寝不足だったりすると。

すぐに、ぽつり。と出てくる。

もう、ニキビ肌なんだからしょうがないんだろうなあ。

って思っていた時。

ふと、外側ばかりではなくて、やっぱ内面から美しくなろうとしないと、

ダメなんじゃないのか?っと言う。

すごい当たり前の事に気が付いて。

食べ物に気を付けてみることに。

お肉やマヨネーズ、お菓子をわりと食べてたんだけれども。

ダイエットも兼ねて。

カロリー計算をしつつ。

お野菜メインで食事をすることに。

すると、あれよ、あれよ。と言う間に。

お肌がきれいになっていくのが分かるんです。

そして、今となっては。

ニキビが一つもない肌になったりして。

なんだか少し信じられなかったりして。

あんなに、化粧水だの、乳液だの。

イロイロ試したのに。

お野菜に気を付けただけ。

甘い物を食べ過ぎないようにしただけなのに。

こんなに、分かりやすくキレイになっていくものなのぉ~?

と、びっくり。

やっぱり、食べるってホント大事なんだね。

これで、陶器肌も夢じゃなくなってきたかも。うふふ。

さて。

明日は何を食べようかな。

計算、計算っと。

ネット上での発言の難しさ

インターネットの普及で暮しは格段に便利になりました。

日々のニュースやスポーツの途中経過、気になる症状、懐かしい芸能人の近況などをいつでも見ることができます。

さらに最近は一般の方のブログも数多くあり、見ず知らずの人の記事に励まされたり、情報をいただくことも増えました。

それと同時に、ひとつの出来事に対しての感じ方や考え方の多様さへの驚きもあります。

特に匿名の場合は悪意に満ちた意見や批判で炎上することも多いようです。

生活していれば円滑な人間関係を維持するために、思っていても口に出せないことは多いものです。

そんなドロドロした、でも正直な気持ちを吐き出すにはネットは最適なのでしょう。

ツィッターにしろブログにしろ長い文章は嫌われる傾向があります。

文字だけで発信すればニュアンスが伝わらないこともあります。

北海道の小学生が山で行方不明になり、その後無事に発見されました。

日本中が安堵し喜んでいる時に尾木ママのブログが炎上したそうです。

置き去りにした父親への批判などが引き金になっているようですが、あれほどの方でも簡単に標的になることの恐ろしさを痛感しました。

誰からもどこからも反感を持たれないことばかり考えていれば何も書けなくなります。

視野も広がり、便利ではあるけれどネット上の発言は本当に難しいです。

主婦がたまに妄想する恋愛

掃除して、ご飯を作って、洗濯をして。

子供の我儘を聞いたり、悩まされたり、喜んだり。

夫が頼りなかったり、家にいるんだか、いないんだか分からなかったり。

家庭の愚痴を言い出したらキリがない、今日この頃。

家庭を持つんだもん。

そりゃ大変だし。

良い事もある。

けど、ときめきがない。

とくに、中年になればなるほど。

自分がいったい何者なのか分からなくなる。

そして、たまに妄想の世界に入り込む。

イロイロ、空想するんです。

素敵な男性と・・・。

例えるなら、大沢たかおとか。

素敵な場所で・・・。

病院のリハビリ室とか?

一緒にリハビリをして、手と手が触れあってキャー!みたいな。

それで、怪我の話から、家庭の話になり。

そして、そして、お互いの話になって、気があって。

気になって。

再び、キャー!てきな。

もうこんな事書いてるだけで、楽しくなってくるんだけれども。

実を言うとそこから先があまり進展しない。

「ああ。奥さん・・・」といった流れになると良いのに。

なんでかならない。

こんなに空想するのに、そこにたどり着かないのは。

たぶん。

そういう男性が好きではないのかも。とほほ。

妄想は好きだけど、どうやら本当にそういう関係になるのは嫌みたい。

私って、なんだかんだで、真面目なんだなあ。

ま・・・それでいいんだけどね。

さて、次はどんな人と、どんな事を妄想しようかなあ。

離婚時の慰謝料について

離婚には慰謝料がつきものというようなイメージが先行していないでしょうか。不倫による離婚であっても、慰謝料が認められる場合と認められない場合があることを承知しておかなければなりません。配偶者が不倫をしたからといってすべてのケースで慰謝料が認められう訳ではないのです。

不倫などによるいわゆる不貞行為が原因となって、夫婦が離婚に至ることになれば、基本的には不倫による不貞行為をした配偶者やその不倫行為の相手にも慰謝料の請求をすることができます。いわゆる不倫のよる不貞行為によって精神的苦痛を受けたことに対する損害賠償として慰謝料を請求できるのです。これは不倫による不貞行為が違法行為であるために損害賠償の請求権が発生するという考え方です。慰謝料の請求は配偶者にも配偶者の不倫相手であっても可能で、どちらが先に不倫を持ちかけたとかではなく、不倫による不貞行為自体の違法性を法的な根拠としています。

しかし、慰謝料離婚、浮気が原因による不貞行為のすべてが慰謝料の請求の対象になるわけではありません。不倫による不貞行為が発生する前から、夫婦関係がすでに破たんしているような時には不倫による不貞行為が直接的には離婚に原因にならないと判断されることになりますので慰謝料の請求権はないと判断されます。夫婦関係の破綻をどのように判断するかはそれぞれのケースによってまちまちですが、夫婦がすでに別居して生活しているという場合には夫婦関係の破綻を認めることが多いようです。しかし、同居中でも事実上夫婦関係が破綻していると判断されてしまう場合もないではありません。

ただし、離婚時に配偶者や配偶者の不倫相手が慰謝料の支払いをあっさりと認めればいいのですが、不倫を認めない場合などでは法的闘争になる可能性もないではありません。不倫が原因の離婚では慰謝料が認められますが、それぞれに事情によって慰謝料の額なども大きく変わってくることがあるので、離婚に際に慰謝料などのお金が絡むような場合には法律の専門家である弁護士の相談することがいいでしょう。離婚の手続きなどの相談もできますし、慰謝料についてもめ事になった時などには力強い味方になってくれるのが弁護士だからです。

美容室での感動したできごと

私は美容室が大好きなんですが、世の中の皆さんはどうなんでしょうか?

私の中で、美容室はただ髪を切りに行くという感覚よりはリラクゼーションです。

美容師さんとお話をして発散、雑誌を読んで情報収集、マッサージもしてもらえて癒され、そしてオシャレに変身できる!

なので、非日常体験の一つであり、とっても特別な空間なのです!

先日、美容室に久しぶりに行ったのですが感動したできごとがありました。

それは、私の担当美容師さんの接客です。

接客の何に感動したかというと、提案が上手!なんです。

私は優柔不断な性格で、いつもどんな髪型にしようかかなり迷いながら、美容室に行きます。

伸ばそうか?バッサリ切ってしまおうか?どちらの気持ちもあるので、決めかねるのです。

結局、担当美容師さんの提案でその日はバッサリと切ってしまうことに!

「面倒くさがりなら短いほうが髪を乾かすのが楽だよ」

「長い髪はヘアアレンジが好きな人にはオススメだよ」

「ヘアアレンジが苦手な人は肩より上でショートにしたりボブにしたりすると、髪型に変化をつけやすいよ」

などなど、豊富な知識で納得できる説得力のあるアドバイスを頂き、決断する事ができました。

優柔不断な人には美容師さんからの提案が助かります!

よし!私も美容師さんの素敵な提案の仕方を見習って、お仕事に活かしていこう!

痛風は食事で改善出来る

検査をすればすぐにわかる痛風ですが、日常生活をおくる上では痛みが発生するまで気づきにくい病気の一つです。

痛風は主に男性がかかりやすく、生活習慣が荒れていたり、肥満体質やストレスを多く抱えている人がなりやすいと言われています。

痛風になると初期症状として大体の方が足の親指が痛くなり1~2週間もすれば痛みが治まるという痛風発作の症状がでます。

この症状は一度治まったからと言ってほっといていいものではありません。

ほおっておくと、数カ月後など不定期に発作が起こりどんどん重症化していきます。

そうならない為にも日頃から痛風の食事療法を勉強し、実践していく事が必要となってきます。

まず、プリン体を含む食べ物を多量に摂取しない事です。

プリン体を多く含む食材はレバーなどの内臓系の他、海の幸が多くウニやマグロ、サンマやイワシに明太子と美味しいものばかり。

これらは大量に摂取すると痛風を引き起こす原因とな

りますので極力控えて、野菜や果物、海藻などのアルカリ性食品を摂り尿酸をアルカリ性するよう積極的に食べましょう。

具体的にいうとバナナやグレープフルーツ、ほうれん草や昆布などがアルカリ性食品になります。

またアルコールはそれほどプリン体が多くなくとも尿酸の排泄を妨げる特徴があるので多量に摂取する事は望ましくありません。

飲みすぎた場合は水を多く飲み、尿酸を尿と一緒に排出させるよう心がけましょう。

その他、塩分を摂りすぎると合併症を引き起こす原因となりますので、普段の味付けを徐々に薄味へと変えていくと痛風だけでなく、高血圧や動脈硬化の予防へも繋がります。

その真っ黒さは不自然だろうということに

バルセロナに住む同級生(♀)が帰国していたので、さる日、同級生6、7人が集まった。

いまだに家族連れで集まる珍しい集団なのだが、こないだまで小さい子だったがなあ、という男子が解剖実習の話などするのを見て感慨にふけったのであった。

そのときの一人(♀)の髪がいたく黒々としているので、それは地毛かと冗談で聞いたのだが、「もちろん」というその答えももちろん冗談で、染めていたのだが、同級生ということはその女も50歳を過ぎているので、その真っ黒さは不自然だろうということにその場は落ち着いたのだった。

昔、誰だったか外タレがコンサートでの日本の観衆について聞かれ、「キャビアみたいだった」と答えたのは、黒い粒粒がずらっと並んでいる様を指してのことだったのだが、いつしか成人した日本の女子の髪で鴉の濡れ羽色みたいなのはあまり見かけなくなって、相当に赤いとか金色とかでもない限り目を引かなくなった。

globeのKEIKOが金髪で現れた時は相当にびっくりしたんだけど、きっと和風な顔に乗っかっているのも違和感だったのだろう。その後浜崎あゆみみたいな無国籍2次元顔になったら、そう驚きもしなかったからな。

離婚調停で弁護士は立てた方が良いのか

これまで円満に家庭生活を営んで来たと思っていたのに、ある日突然離婚届を突きつけられてしまった。いきなりだったので、訳が分からず、かとい言って離婚に応じないでいると、裁判するという話になってしまい…..と、途方に暮れてはいませんか?もちろん一番良いのは、夫婦の絆を修復して、もう一度新しく夫婦関係を築き直すことです。

しかし、今の今まで相手の気持ちに気づかなかったのあれば、正直なところ、修復するのは難しいかもしれません。離婚調停となったとき、弁護士を立てるかどうか、初めての経験なので分からないと思います。もし女性側が立ててなければ不要かもしれませんが、立てている場合は、男性側も弁護士をお願いしたほうが良い場合があります。

それは、慰謝料が50万円を超えそうなケースです。女性側に原因がある場合は、逆にあなたが慰謝料を請求できますので、弁護士は立てても立てなくても構いません。

しっかり請求したいと思われるなら、立てた方が良いでしょう。問題が男性側にある場合、もし不倫等でしたら、慰謝料は100万円を超える可能性が高いです。性格の不一致や親族との折り合いが悪い等の場合には、男性女性ともに原因があると考えられますので、慰謝料は50万円程度になることが多いようです。

離婚 弁護士 男性の手付金は30〜50万円が相場ですので、慰謝料が50万程度であれば、その弁護士費用を慰謝料に当てるという考え方もできます。弁護士を立てることにする場合は、まずは法テラス等に電話相談されると良いでしょう。

心の中の愚痴を解消したい

私がここ数年感じることは、周りの人から愚痴を言われることが多くなったことです。

以前も愚痴ばかり言う友人はいましたが、一人くらいでした。

そのため、その人の愚痴のことでは他の友人と意見が合い、共有していたこともあり、あまり気にすることはありませんでした。

年齢を重ねると人は愚痴が多くなるのかもしれないと思うようになりました。

街を歩いていても、高齢者の女性が立ち話をしている内容が耳に入ることがあります。

そのほとんどが誰かの愚痴です。

特に高齢者の方が愚痴の回数は多いかもしれません。

これは私の偏見で、本人たちは愚痴だと思わずに話しているのかもしれません。

私は誰かに愚痴をこぼされても、自分からは愚痴を言わないようにしています。

私はどちらかというと、自分の意見をはっきり言う方なので、時にはそれに関して相手がカチンと来ることがあるようです。

それでも相手が私に愚痴をこぼしてくるということは何かあるのかもしれません。

その一つに私が心の中に愚痴を抱えているということかもしれません。

無意識のうちに愚痴をおさえこんでしまっているのかもしれません。

愚痴を言うと運気が下がると言われているので、あまり言わないようにはしています。

それでも時々、何かをしている時に、愚痴が心から湧きあがってくることがあります。

心の中の愚痴がなくなれば一番良いのですが、なかなかそうもいかないかもしれません。

それでもいつかは心の中の愚痴がなくなって、いつもスッキリとした穏やかな心でいたいものだと思っています。